ホーム


ご存知ですか?
「昭和的、日本時間の心地よさ」
ここには、炭火で温もりながら団欒が楽しめる「囲炉裏」があります。
ここには、日向ぼっこしながらウトウトできる「入縁側」があります。
そしてここには、土の香りが心を落ち着かせてくれる「土間」があります。

大の字になり、畳で寝転んだことありますか?
家の中を通り抜ける風の心地よさに、幸せを感じたことありますか?

彩里イメージ

彩里イメージ

彩里イメージ

家族風呂で温泉三昧!
彩里は1棟貸切の温泉古民家です。
誰に気兼ねすることもなく、お祖母ちゃんの実家に来たかのようにご利用ください。
ご希望のお名前でオリジナルの表札もご用意させていただきます。
「ただいま~」常連のお客様はそう言って彩里に帰って来てくれます。


彩里 irori」。
ここで流れる時間は、日本人であることの幸せを教えてくれます。

きっかけは母が残した手紙です。母はすでに他界しましたが、原保温泉が掘り当てられた平成元年の年に、30年先の未来に向けて手紙を書いていたのです。
「平成30年に活躍されている皆さんへ。原保にも温泉が出るようになりました。この手紙が読まれる頃には私は天国にいるかと思います…。今頃、原保温泉には都会のお客様が大勢訪れて賑わっていることでしょう。皆さんの力で原保が繁栄することを願っています。」

いま、母の思いが叶えられているかわかりませんが、私には、彩里の誕生を促す母の声なき声に思えたのです。

私は、2018年5月までは会社役員として、グラフィックデザイナー、商業施設コンサルタントなどの仕事をしていましたが、今では彩里の運営を中心に好きなスポーツを楽しんでいます。ゴルフ、野球、水泳。どれも上手ではありませんが大好きです。好きと言えば、困ったことにお酒も大好きです。時折、彩里のお客様とお酒の席をご一緒させていただくこともあります。

おかげさまで、彩里は度々訪れていただけるお客様が増えています。「ただいま~」そんなお言葉をいただき、お客様の第二の故郷のようにご利用いただいていることをとてもうれしく思います。

彩里は、華やかな思い出作りの応援はできません。ただ、「昭和的・日本の時間」、「田舎暮らしのゆっくり流れる時」を楽しんでみたくなったら是非ご利用ください。

人生一度は、無彩色のような彩の時間に心洗われてみませんか?